ニュース

来シーズントップチーム加入内定選手の合同取材が行なわれました

昨日、南津守クラブハウスにおいて、来シーズンからトップチームに加入することが内定したセレッソ大阪U-18の秋山大地選手、岡田武瑠選手、小暮大器選手、南野拓実選手の合同取材がおこなわれました。その様子をお伝えします。

 

■秋山大地選手

セレッソ大阪の秋山大地です。一年目からメンバー入りして、チームのために貢献したいと思います。

運動量と対人プレーが得意です。目の前の相手に絶対に負けないようにしたいです。

 

■岡田武瑠選手

セレッソ大阪の岡田武瑠です。少しでも早く慣れて、活躍できるよう頑張りたいと思います。

パス、ドリブル、ボールコントロールには自信があるので、しっかりやっていきたいと思います。

 

■小暮大器選手

セレッソ大阪の小暮大器です。一日でも早く試合に出場して、チームの勝利に貢献できるよう、日々努力してがんばります。

自分の持ち味はスピードと裏に抜けるプレー、そういったプレーができればいいと思います。

 

■南野拓実選手

今まで以上にセレッソのために全力でプレーして、一日でも早くチームに貢献できるように、自分がゴールを決めてチームに貢献できるよう頑張りたいです。

ゴール前で相手の脅威になれるように、シュートやターンでゴールに直結するようなプレーでチームに貢献していきたいと思います。フォワードなので、ゴールで期待に応えられるように頑張りたいです。

 

Q.海外も含めて、皆さんにとってのあこがれ、目標の選手を教えてください。

 

A.

秋山

香川真司選手、昔から見てきてすごいなと思います。

 

岡田

清武選手がすごく好きです。海外で活躍しているし、セレッソで目の前で見てきて、すごく尊敬しています。

小暮

香川選手のように海外で活躍できるような選手になりたいです。

 

南野

海外の選手もすごいですが、セレッソから香川選手や清武選手が世界で活躍するのを見て、世界を身近に感じることができます。自分もいつかは世界へと思っているので、そういう人たちがすごく刺激になっています。

 

Q.開幕前のキャンプや、これまでの練習でトップチームに入る機会があったと思いますが、自分がトップでやれる感触はどれくらいつかんでいますか?

 

A.

秋山

最初はやり方などがわからなく戸惑いましたが、だんだん慣れることができたので、(やっていく)自信はあります。

 

岡田

僕も最初は慣れなくて、できなかった部分もあったのですが、やっていくうちにトップの選手に声をかけてもらったりして慣れました。自信があります。

 

小暮

最初のうちは緊張したり、声も出なかったのですが、練習していくうちに慣れてきて力を出せるようになったので、自信はあります。

 

南野

トップとやるなら遠慮はしていられない。自分のストロングポイントをうまく出せれば通用する手応えはあります。一年目からやってやろうという気持ちがあるし、手ごたえはあるので頑張っていきたいと思います。

 

Q.これからJリーグなどで対戦したい選手は?

 

A.

秋山

日本代表でもある中村憲剛選手です。どんな状況でもスルーパスを出せるプレーを自分が止めたいなと思います。

 

岡田

Jリーグではありませんが、日本代表の長友選手と、同じポジションということもあり対戦したいです。

 

小暮

同期ということもあり、清水の石毛選手と対戦したいです。

 

南野

同期で、Jリーグでスタメンで出て活躍している選手もいる。自分も負けていられないので、一日でも早く試合に出たい。同期の活躍は刺激になるので、対戦したいです。

 

Q.それぞれ違うチームからセレッソの育成に集まってきたわけですが、セレッソに来て得られたことは何ですか?

 

A.

秋山

一年目からしっかりとフィジカル(トレーニング)があって、それで今の自分があると思います。

 

岡田

セレッソでそれまでのパスサッカーとは全く違うサッカーをすることになったのですが、監督にも恵まれて、すごく成長できたと思います。

 

小暮

監督から「サッカーは気持ちが大切」といつも言われていて、この三年間でそれが身に付きました。

 

南野

セレッソで自分のサッカーに対する気持ちが変わったし、自分のプレーじゃなくて、仲間のためにするプレーや自己犠牲の気持ちも持てて、「チームのためにプレーできないと上では通用しない」とずっと言われてきて、コーチやフィジカルコーチにもそのためのアプローチをしていただいた。このセレッソの育成でやってきたことは自分の力になりました。それだけに、やってきたことを信じて、一年目から全力で挑戦して行きたいと思います。

 

Q.座右の銘があれば教えてください

 

A.

秋山

「日々挑戦」です。

 

岡田

「努力は裏切らない」です。

 

小暮

「負けない」です。

 

南野

特にないのですが、父からは「人と同じことをするな。自分は自分、周りに流されずに、自分の思ったことを信じてやっていけ」と言われていて、それがいつも心にある言葉です。

 

Q.育成のチームで海外遠征に行きましたが、その感想と収穫は

 

A.

秋山

海外のチームはフィジカルが強いですが、細かい動きは付いてこられないことが多く、その点では通用すると思いました。

 

岡田

海外の選手は身体が大きく、フィジカルもありますが、日本人の選手はクレバーな部分とか足元の技術もあるので、通用する部分はたくさんありました。

 

小暮

海外はスピードやフィジカル強く、ゴールに向かう姿勢がすごく強いなと感じました。

 

南野

自分たちがいままで積み上げてきたスピードやアジリティーの部分や、ゴール前の細かいパスで崩したりとか、いい形では通用するけれど、一瞬の隙で決められるところがあり、体の大きい典型的なストライカーに決められたり、そういうところは刺激になり、日本とは違う距離感とかが、すごく勉強になりました。日本とは違う文化に触れられたり、ドルトムントのスタジアムでは、香川選手の活躍した場所を身近に感じることができました。こんな遠征もハナサカクラブのおかげだし、自分たちにとって身になるいい経験ができました。

 

Q.来シーズンはトップに上がるわけですが、それぞれの将来的な目標はありますか。

 

A.

秋山

まずはセレッソでしっかりレギュラーを掴んで、フル代表に選ばれる選手になり、プレミアリーグでプレーするのが昔からの夢なので、そうなりたいと思います。

 

岡田

まずはセレッソで活躍して、オリンピック代表、フル代表に選ばれて、注目されるような活躍をして、最終的にはイタリア・セリエAに行ってみたいなと思います。

 

小暮

まずは試合に出ることがいちばんの目標なので、まだその先のことは特に考えていません。

 

南野

まずは試合に出ることが第一で、セレッソでエースナンバーを付けたいし、小さいことから見て育ってきたチームで、自分が中心選手としてJリーグで優勝したいと思います。個人的には海外も思い描いていて、ドイツに遠征に行ったときに見たドルトムントのスタジアムのような大観衆の前でプレーしたいと思っています。

 

Q.セレッソの育成の先輩からの心に残っている言葉や、刺激になった言葉はありますか

 

A. 

秋山

柿谷選手からは「トップチームに育成からの選手がみんなそろったらいいな」と言われています。育成からプロにどんどん進んで、育成出身の選手で試合ができるようにしたいです。

 

岡田

杉本選手から「お前ならできる」と言われて、それが自信になっています。

 

小暮

僕も杉本選手から「お前ならトップでやっていける」と言われて自信につながっていますし、他にも気さくに声をかけてもらっています。

 

南野

言葉ではありませんが、少しの間、杉本選手と一緒にプレーしたことがあり、ツートップでやった時もすごくやりやすかったし、次のステージでもツートップを組みたいです。育成からの昇格組がオリンピックで活躍しているのを見て、あのメンバーとセレッソで一緒に勝っていきたいと思います。

 

Q.最後の大会となるJユースカップがあります。目標や、どんなプレーを見せたいかを聞かせてください。

 

A.

秋山

昨年は決勝で悔しい負け方をしたので、今年はまずは一試合一試合勝って、決勝の舞台で違いを見せるプレーをして、そのままトップに上がっていきたいです。

 

岡田

昨年、準優勝という悔しい結果になったので、今年こそは優勝を狙って、日々の練習からやっていきたいですし、目の前の相手には負けたくないです。目の前の相手にしっかり勝っていきたいです。

 

小暮

昨年は決勝で負けていますし、絶対に優勝して、監督にも(優勝を)プレゼントをしたいです。

 

南野

昨年、準優勝という悔しい思いをしたのですが、Jユースカップはホームの大阪でやれる試合が多いので、自分たちにはプラスになります。決勝もホームでできるので、昨年たくさんのサポーターに来ていただいたのに優勝できなくてすごく悔しく、今年一年はJユースカップで絶対優勝するという気持ちでやってきました。今年も決勝まで行って、たくさんのサポーターに見てもらえるなかで、(トップへ行く)僕らは違いを見せないといけないし、印象に残るプレーをして、トップに上がりたいと思います。

 

Q.自分たちが育ってきたセレッソ大阪の育成組織について感じることはありますか

 

A.

秋山

今は寮で生活できていますし、今年からは舞洲の環境のととのったところでできているので、育成組織からどんどんプロに上がる選手が出るようになっていけばいいと思います。

 

岡田

僕も同じですが、寮も素晴らしいし、舞洲にも天然芝のグラウンドができクラブハウスもあって、本当にいい環境でやらせてもらっているので、後輩たちにもどんどんトップへ上がってきてほしいです。

 

小暮

セレッソは環境に恵まれていて、後輩たちにもプロに上がってこられるように頑張ってほしいなと思います。

 

南野

海外遠征とか貴重な経験をさせてくれる、いいクラブチームだと思います。舞洲に天然芝グラウンドもできて、すごくいい環境でやらせてもらえるし、素晴らしいクラブだと思う。後輩たちも伸び伸びサッカーをして、トップチームでまた後輩たちと一緒にプレーできたらいいと思います。

 

以上

page top