ニュース

セレッソ大阪堺ガールズ 堺市長を表敬訪問しました

8月24日(月)、セレッソ大阪堺ガールズが「第20回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会」での優勝報告のため、大阪府堺市の竹山修身市長を表敬訪問しました。

 

表敬訪問

一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブ  宮本 功代表理事、セレッソ大阪堺ガールズ 岡本三代監督、轟 奈都子コーチ、セレッソ大阪堺ガールズの選手(23名)が、堺市役所に竹山市長を表敬訪問。

 

竹山市長からは、「目標をしっかりと持ち、その中でのトレーニングが今回の結果につながったと思います。来年の大会連覇をめざして、また一段と練習から励んでください」と、激励をいただきました。

 

岡本監督は、「昨年は関西予選で敗退して出場を逃しているだけに、うれしい優勝になりました。いつもお世話になっている堺市の皆さんに優勝という報告ができてよかったです」とあいさつ。

 

また、年本有優香キャプテンは、「今大会の優勝は、サポーターの皆さん、レディースの選手、そして家族など様々な方のサポートがあって達成できました。ケガをして出場できなかったチームメイトのため、チーム一丸となって戦えたことが、非常に良い結果になったと思います」と、話しました。

 

記念品

竹山市長から、記念品をいただきました。

 

記念写真

市長と一緒に記念撮影をしました。

 

※「第20回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会」は、7月25日から7月31日までJ-GREEN堺で開催されました。

page top